どう考えるか教えて頂けませんか??

どう考えるか教えて頂けませんか??

重複受精の遺伝 2017.福岡大学 医学部

とうもろこしにはうるちともちがある。うるちは優勢遺伝子Aであらわされ、またもちはaで表される。
また葉には、緑葉、黄葉があり、緑葉は優勢遺伝子G、黄葉は、gであらわされる。
あるとうもろこし個体は、緑葉で、その雌花を、他個体の花粉で人工授粉したところ、うるち、もちの種子の数が1対1になった。さらに発芽させると緑葉と黄葉の個体数が1対1だった。
ただし、連鎖はないとする。
問題
種子を形成した個体の体細胞が持つ、この2組の対立遺伝子の可能な組み合わせを書け。

受粉した花粉の精細胞がもつこの2組の対立遺伝子の可能な組み合わせを全てかけ。

お願いします。

報告する

コメント

  1. しょご様
    管理人のシカマルが答えさせて頂きます。

    【1つ目の問題】
    問題前のリード文からは、『あるとうもろこし個体(雌花)』の遺伝子型は、??G?としか判断できません。
    (左2つの?にはAまたはaが、一番右の?にはGまたはgが当てはまる可能性があります。)
    しかし、受粉後の形質が両者とも『優性:劣性=1:1』であることから、交配は『ヘテロ個体と劣性ホモ個体』のかけあわせだと判断することができます。
    つまり、Aa×aaの交配とGg×ggの交配だったということです。
    すると、先に書いた雌花??G?は??Gg、その相手である雄花は??ggと答えることができますが、Aとaに関してはどちらにAaとaaを当てはめればよいかは、問題の設定だけではわかりません。
    よって、??Ggと??ggに、Aaとaaの両者を組み合わせた以下のものが親となります。
    ・AaGg(雌花)とaagg(雄花)、aaGg(雌花)とAagg(雄花)
    2つのパターンで交配をすると、種子の遺伝子型はどちらでも次の4つになります。
    解答)AaGg、Aagg、aaGg、aagg

    【2つ目の問題】
    1つ目の問題を解いたことで、『あるとうもろこしの雌花』の遺伝子型は、AaGgまたはaaGgとなり、受粉の際の花粉の元となる雄花個体の遺伝子型はaaggまたはAaggとなります。
    花粉の精細胞は減数分裂によって生じるので、aaggとAaggの両方の場合の減数分裂の結果が解答となります。
    解答)Ag、ag

    という感じで大雑把に答えてみましたが、解答は合っていますでしょうか?
    数年ぶりに質問受けをしたので、少し自信がありませんが…。

  2. 誠に勝手ながら、アイキャッチ画像を変更させていただきました。
    人物写真では問題が生じる恐れがあることが理由です。
    ご理解のほど、よろしくお願い致します。

    管理人シカマル

JPEG・PNG画像を貼ることができます。